中山道広重美術館コーナーできました。

ちこり村が応援するフリー・フライデー

中山道広重美術館
http://www.saladcosmo.co.jp/blog/?p=5614

案内コーナーがちこり村内に出来ました。

ちこり村でもレプリカを数点観賞していただけます。

また、コーナー内では、5分程のVTRで

中山道を描いた歌川広重の浮世絵の魅力を

体験していただけます。

こちらは「木曽海道六捨九次之内 中津川(雨)」です。

この浮世絵は、ちこり村のある、中津川宿の雨の日を描いたものですが

実は、この中津川宿には2枚の浮世絵が存在しています。

下が晴れた日を描いた中津川宿です。

実は、雨の日の中津川宿はほんの少ししか流通していないそうです。

これは浮世絵が美術品だけではなく

商業的要素を持っており

旅の思い出に買うには(今の絵ハガキのようなもの)

雨の日よりも晴れの日のものが好まれたという

事情が垣間見れます。

こちらは、中山道広重美術館がある

中津川市のお隣恵那市の

雪の日の大井宿を描いたものです。

こちらが現在の大井宿・甚平坂

現在の峠はこんな感じです。

大井宿は6角の枡形

不審者の侵入を見張るため

宿場はかくかくとした枡形を取られることがあるそうですが

6角の枡形はめずらしいそうです。

ちこり村の『中山道広重美術館コーナー』で

歌川広重が描く中山道と浮世絵に興味がわいてきたら

ぜひ、中山道広重美術館でオリジナルを鑑賞して見てください。

貴重な初刷りの浮世絵がたくさん所蔵されています。

その後に

かつての浮世絵の構図と

同じ場所を訪れてみて

実際の構図を比べてみるのも醍醐味ではないでしょうか。

どんなに街並みは変わっても

山や川、空は変わりません。

どんな技法をつかって

1枚の浮世絵に感じる情緒のすべてを盛り込んだのか

見えてくるかもしれません。

歩き疲れたら・・・・

ちこり村に戻って一休みはいかがでしょうか^^

お待ちしております!

2017-11-20 | Posted in ちこり村No Comments » 

関連記事