高齢者の約4人に1人は認知症患者!?ー地域で学ぶ、認知症講座

2018年6月18日月曜日

高齢者の約4人に1人は認知症患者!?

地域で学ぶ、認知症講座

認知症の人と、その家族、地域の住民が『認知症』という病気の理解を深め、

お互いに交流を深めることを目的とした講座が2018年7月11日(水)13時半から、

岐阜中津川ちこり村の大ホールにて行われます。

講座後には、認知症カフェ『あったカフェ』も開かれ、専門家を含め、相談し合いながら、

地域の人たちと交流を深められます。

認知症の人が地域住民と出会い、家族介護者の孤立を防ぎ、

地域住民は認知症の理解を深めることを目的として、今回、講演会をちこり村にて開催。

今回は一般の方も参加していただけるとなっており、認知症カフェは、

8月より同施設にて、毎月第4火曜日に定期的に開催する予定です。

 

認知症とは、生後一度正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、

日常生活・社会生活を営めない状態をいいます。

認知症は医学的にまだ診断が決められず、原因もはっきりしていません。

厚生労働省によると、2012年度の認知症患者は65歳以上の高齢者の約7人に1人と言われており、

認知症になる前の予備軍を合わせると、高齢者の約4人に1人は認知症と言われ、増加傾向です。

 

認知症の症状や進行は、個人によって異なりますが、親族が認知症で介護が必要となり、

肉体的、心理的な負担から、介護側がノイローゼや鬱になってしまうケースも少なくありません。

実際に介護をしている4人に1人は介護鬱を抱えていると言われています。

 

このような講演会や認知症カフェを、各地域や企業で開くことによって、

中津川市民が一丸となって認知症患者さんやそのご家族の

サポートをしていける街づくりができればと考えています。

 

認知症講演会   日時:7月11日(水) 13時半~14時半

場所:ちこり村(大ホール)

講師:中津川市健康福祉部高齢支援課 保健師 小川 智江 さん

ひだまり苑在宅介護支援センター 社会福祉士 今井一貴さん

講演内容:認知症について学ぶ(認知症とは、症状、接し方、予防について)

 

認知症カフェ   日時:7月11日(水) 14時半~

場所:ちこり村内レストラン バーバーズダイニング

費用:1人500円(ドリンク、デザート付き)

<このリリースに関する連絡先>

株式会社サラダコスモ・ちこり村 広報担当 天野 結理奈

Email:dmd-pr@saladcosmo.co.jp Tel:0573-62-1545 携帯:080-1580-4248

2018-06-19 | Posted in プレスリリースNo Comments » 

関連記事