バラ香る ほんのり甘酸っぱい「岐阜のかりんとう バラ」が誕生しました!

報道関係者 御中

tikorimura

2016年5月22日

岐阜・飛騨河合で生産される無農薬栽培の“食べられるバラ”を使ったかりんとう

バラ香る ほんのり甘酸っぱい「岐阜のかりんとう バラ」が誕生しました!

花フェスタ記念公園にて商品発表


karinto-bara-@

 ちこり村(中津川市、運営:株式会社サラダコスモ)は、

岐阜県が力を入れているバラに着目し、

香愛ローズグループ(飛騨市)が生産する無農薬の岐阜県産バラを使用したかりんとうを開発・商品化しました。

この度、2016年5月26日(木)に花フェスタ記念公園内にて新商品発表会を開催いたします。

 岐阜県には世界最大級のバラ園である花フェスタ記念公園があり、

約7000品種30000本のバラを植栽しています。

また、神戸町を中心に岐阜市、大垣市、各務原市などでバラの鉢植えを生産しており、

ミニバラの生産量は日本一です。

また、飛騨市河合地区では香愛ローズグループが1998年より

農薬を使わない食用バラの生産に力を入れており、現在では年間1.2トンを生産しています。

2012年には「農商工連携事業」としての認定も受け、ペーストやエキスなどのバラ素材の開発も行ってきました。

この度、鑑賞用、食用ともに岐阜県が力を入れているバラに着目し、

飛騨市産100%の「バラの花びらペースト」を使用したかりんとうを作りました。

岐阜県のバラ事業を多くの方に知っていただきたいと考え、

パッケージでは花フェスタ記念公園や観賞用バラの取り組みについても紹介文を記載しました。

本商品は2015年5月よりちこり村が岐阜県内の農産物生産者と共同で開発してきた

「岐阜のかりんとう」シリーズ(全5種類)の第6弾です。

「岐阜のかりんとう バラ」は花フェスタ記念公園、ちこり村、岐阜県内の道の駅などで販売される予定で、

定価は350円(税込)です。

新商品発表会概要

日時:5月26日(木)14時~  

場所:花フェスタ記念公園内 「モン・シエル・トントン」店内

※西ゲートよりご入園いただき、入って右手にある「花のミュージアム」1階です。

内容:花フェスタ記念公園・香愛ローズグループ・ちこり村合同の商品発表会&試食会


【この件に関するお問合せ先】

岐阜中津川 ちこり村  商品開発担当:高橋 侑子

TEL: 0573-62-1545 FAX: 0573-62-2170 メール: takahashi@saladcosmo.co.jp

〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林1-15

2016-05-26 | Posted in プレスリリースNo Comments » 

関連記事