9月6日より新メニュー「黒にんにくカレー」

プレスリリース


新型コロナウイルス感染拡大防止対策に取り組む、

ちこり村 農家手作り家庭料理レストラン

バ ーバーズダイニングでは、

客席の間隔を約2メートルあけ、

常時店内換気を行い、

客席などのアル コール消毒をするなど、

様々な感染拡大防止策に取り組んでいます。

人気のランチビュッフェを 2 月から休止し、

現在は地元食材をふんだんに使った定食メニューや、

ちこり村内にある

パン工房の焼立てパンの食べ放題ランチに変更して

営業を続けています。

レストランでは、

ちこり村 有機黒にんにくを使った

「黒にんにくカレー」を開発。

黒にんにくは、

全国からお取り寄せいただいている

ちこり村の人気商品で、

2008 年に発売以来、

500万球 以上売れているちこり村のヒット商品。

1 杯の黒にんにくカレーには黒にんにく約1玉分を使用。

カレールーに黒にんにくエキス 0.7 玉分

トッピングに黒にんにく 0.3 玉分が入っている。

贅沢でコク深い味わいと、

生にんにくと比べ 臭いが残らないのが特徴です。

クロの日「9 月6日」より

ちこり村ランチにて960円(税込)にて

販売を開始します。

(サラダ、 ちこり珈琲付き)

新メニュー開発者のレストラン

大友勇(おおとも ゆう)店長にこだわりを聞くと

「黒にんにくを入れる事で、

カレーのコクが増し、

ほのかに残る酸味が食欲を掻き立てる

他には無いカレーに仕上がった」と

自信をのぞかせる。

カレーのトッピングには

地元恵那どりの照り焼き、

野菜の素揚げをのせ、

地元野菜のサラダも添えた。

濃厚なカレーの締めにと、

ちこり村人気のちこり珈琲のサービス付きで

口をさっぱりとさせて 欲しいという。

ちこり村のランチメニューは

季節によって変わっていくため

黒にんにくカレーは 9 月~12月末までの期間限定!

他にも 9 月 1 日~12月 10 日までは

地元中津川の栗を使った

栗おこわ御膳の提供や、

栗おこわのテイクアウトも始まっている。


<このリリースについてのお問合わせ>

株式会社サラダコスモ・ちこり村 広報担当 水野 由貴

TEL:0573-62-1545 携帯:080-1580-4248  Email:yuki-mizuno@saladcosmo.co.jp


関連記事