歌川国芳の時代―木曽街道六十九次之内を中心に―

2019年4月4日(木)~6月9日(日)の期間中

中山道広重美術館にて

企画展

歌川国芳の時代

―木曽街道六十九次之内を中心に―

開催中です!

ちこり村

当時の三大浮世絵師

三代豊国は役者絵、

国芳は武者絵、

広重は名所絵に

長けた絵師と評価されていました。

ちこり村

国芳の描く武者絵は

健康的で生命力にあふれています。

しかし国芳の画業は武者絵だけに留まらず

風景画、役者絵、美人画、戯画など

多くの個性的な作品を作成しています。

映画のスクリーンのような

ドラマチックで迫力のある画面作りを得意としていた

国芳のマルチな才能と魅力を余すことなくお伝えします。

2019-05-28 | Posted in ちこり村掲示板, ちこり村No Comments » 

関連記事