農業経営者 9月号

農業経営者2018年9月号に掲載されました。

ちこり村「認知症カフェ」開催。

2018年7月11日にちこり村で開催された

「認知症カフェ」のことが紹介されています。

2025年には約700万人、5人に1人の患者数が予想される認知症。

今後、家族の力が必要な農業においても、値域づくりにおいても、

向き合うことが必要不可欠であると「ちこり村」の取り組みが取材されました。

ちこり村の認知症サポーター養成講座では

ひだまり園在宅介護支援センターの今井一貴氏による

ジャンケンゲームや歌いながら手足を動かす予防方法などが伝授されました。

その後、

ちこり村内バーバーズレストランにて

「認知症カフェ」が開催され

飲み物とオリジナル野菜スイーツの

和やかな雰囲気の中

日頃出来る予防法

「五感健康法」などを体験しました。

ちこり村では

毎月1回第4火曜日に「認知症カフェ」を開催予定です。

関連記事