ふるさとワーホリで大学生がちこり村に

旅とはちがう、ふるさとへ。

ふるさとワーキングホリデーの企画
http://www.soumu.go.jp/furusato-workingholiday/

ふたりの大学生がちこり村にやって来ています。

総務省が立案した「ふるさとワーキングホリデー」とは

都市に暮らす若い人たちが、

一定の期間、地域に滞在し、

働きながら、

地域の人たちと交流の場や学びの場などを通して、

通常の旅行では味わえない、

地方をまるごと体感してもらい、

地域とのかかわりを深めてもらおうというものです。

(総務省 ふるさとワーキングホリデーサイトより)

今回、この企画に参加した

専攻は美術でデザインやイラストは(多分!本人談笑)朝飯前という

東京学芸大学の亀岡万理奈さんと

食べることと書くことが好きで広告やPRの仕事に興味がある

東洋英和女学院大学の高木千恵さんがちこり村にやって来ました。

2017年8月9日から中津川に滞在し

商品の立案、企画、施設の改善に取り組みます。

今、取り組んでいるのは

ちこり村のカフェスタンドの改善です。

まずは、ちこりの形をした「Cafeちこりスタンド」の看板を作成しました。

次はお客様がちこり村のスロープを上ってきた場合

死角となるこのコーナーをどう、存在感を出すか?

色々アイディアが飛び交います。

いったいどんなCafeスタンド空間になるか楽しみです。

カフェの新商品の企画進行中!

地域の魅力を伝えられる商品開発かできないかと

栗きんとん発祥の地である中津川とちこり生産日本一の中津川をPRする

「中津川よくばりパフェ」

ソフトクリームを日本百名山恵那山に見立て、

栗の里中津川・マロンパークを栗の甘露で表現し

ちこり村・ちこりの葉を添えています。

2週間の滞在期間中に立案・企画・実現を目指しています。

楽しみです!

【ふるさとワーキングホリデー】【インターンシップ】

2017-08-17 | Posted in ちこり村, ちこり村マルシェNo Comments » 

関連記事