かがり火ー南米移住日本人農家さんのワイン

地域づくりは面白い。

地域を学び、

地域で遊ぶためんの

ヒューマンネットワークマガジン

『かがり火』

ちこり村

戦後、日本が高度経済成長に沸いた

1957年米(ヨネ)常夫さん一家は

極上ワイナリー経営を夢見て

南米アルゼンチンへ移住しました。

それから

60年が経ち

ついに夢半ばの常夫さんの遺志を受け継いで

息子さんの邦久さん、ロベルトさん兄弟がついに完成させた

南米ワイン

『MISSION OF TSUNEO YONE』の記事を掲載したところ

とても反響があったと

『かがり火』発行人の菅原歓一さんが

お手紙に書いてくださっています。

ちこり村

常夫さんの三男の菊池慎也さんから

「おやじは苦労しっぱなしで、ついにワイン王になる夢は果たせませんでしたが、

今、天国で、皆さまの温かいお気持ちに感動していると思います」と言うお言葉もいただきました。

夢は一人で叶えるものでなく

繋がっていくものなんですね。

ヨネさんのワイン『MISSION OF TSUNEO YONE』は

実店舗ちこり村でも販売中です。

オンラインショップよりお取り寄せも出来ます。

ちこり村オンラインショップ
https://www.chicory.jp/fs/chicory/wine001

2019-07-01 | Posted in ちこり村マルシェNo Comments » 

関連記事