ちこり村に、つるし雛。

今年も「つるし雛」が

ちこり村にやって来ました。

ちこり村に春を運ぶ「つるし雛」です。

江戸時代に始まったと言われる「つるし雛」

当時庶民の家ではひな人形が手に入らないのがほとんどで

生まれきた子どもが

衣食住に困らないようにと

身近なものを題材に

家族や親戚、近所の人などが

縫って持ち寄ったものなんだとか。

ひとつひとつに気持ちの籠ったものです。

ちこり村に一足早く

春を運ぶ

「つるし雛」

優しい気持ちになります。

 

2019-03-05 | Posted in ちこり村No Comments » 

関連記事