あぎの里のつるしかざり

2018年3月7日(水)~3月11日(日)の日程で

【あぎの里のひなまつり つるしかざり】
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/branch/agi/cat_3.html

開催中です。

今年も行って来ました!

集められた「つるし雛」が

一斉に天井からつるされている様子は壮観です。

会場入り口には

いけばなをかたどったお花や

タペストリーなどでウェルカム。

こちらのタペストリーは販売されるようです。

江戸時代後期から伝わる風習で

女の子の初節句に、無病息災、良縁を祈願する「つるし雛」

ひとつ、一つ意味があります。

★うさぎ・・・神様のお使い、飛躍の象徴。

目が赤いところから呪力があり、病気を退治する力があるとも信じられています。

★にわとり・・・一番どりといわれるように早起きできますように。

★ひよこ・・・自分の殻を破って大きくたくましく成長するように

★桃花・・・「桃の節句」というように女の子の成長を願い祝う花。邪気を祓うと言われています。

おめでたい食べ物として絵画やお話にも登場します。

などなど。

展示会終了後

今年も【つるし雛】ちこり村に

展示予定です。

ちこり村に春を呼び込む

【つるし雛】です。

2018-03-09 | Posted in ちこり村, 地元応援!No Comments » 

関連記事