儒学者 佐藤一斎 顕彰講演会

2018年9月15日(土)

NPO法人 いわむら一斎塾 主催

『半分、青い。』ロケ地 秋香る城下町 岩村で講演会と演舞観賞

儒学者 佐藤一斎 顕彰講演会

演題「よい生き方を織る」

佐藤一斎

岐阜県恵那市の旧岩村藩出身の儒学者

幕末の時代に

江戸幕府直轄の教育機関「昌平坂学問所」の学長を務め

門下には幕末の先覚者佐久間象山等がおり

佐久間象山の門下からは

「江戸城無血開城」の勝海舟、「松下村塾」の吉田松陰らが輩出されています。

著書「言志四録」

西郷隆盛、終生の愛読書であり

「言志四録」から抜粋した101条を

西南戦争まで持ち歩いていたと言われています。

現代でもリーダーの指南書の役割を果たしている

「言志四録」です。

佐藤一斎の「言志四録」を学びたい方!

企業を志す方!

これから進路を決める中学生・高校生!

社会・地域を良くしていきたいと考えている方!

佐藤一斎の生涯をかけた

自問自答の声を聞いてみませんか?

講師は

ちこり村を通して

地域活性にもと取り組み

「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」にも取り上げられた

株式会社サラダコスモ代表取締役社長 中田智洋が務めます。

経営者として「言志四録」から学んだこと。

同時開催

舞踏 佐藤一歳

演題 「自分の信じた道をまっすぐに」

問い合わせ・お申込み

ちこり村 0573‐43‐3722

2018-08-03 | Posted in ちこり村No Comments » 

関連記事