野菜ぎっしりサンドいかが-朝日新聞

2018年5月21日月曜日

朝日新聞掲載。

野菜ぎっしりサンドはいかが

中津川市の観光施設

「手で食べるサラダ」

1食分の必要野菜量150gが摂れるサンドイッチです。

「健康都市なかつがわ」を掲げる中津川市は

減塩を心がけた栄養バランス食をレシピにし

市民に呼び掛けています。

中津川市とちこり村が共同開発した

「けんぱちサンド」は

ちこり、ブロッコリーの新芽、アルファルファ、赤ラディッシュの新芽の

発芽野菜(スプラウト)の他

地元産のレタス、きゅうり、にんじんのピクルス

合計7種のたっぷり野菜サンドになっています。

食パンはゴマ入り、

恵那どりの塩こうじハムとスライスチーズで

塩分控えめでもおいしいサンドイッチになっています。

1日に必要な野菜量350gのうち

1食分以上の150gの野菜が摂取できます。

塩分は2.8g カロリーは535kcalとなっています。

2018-05-22 | Posted in マスコミNo Comments » 

関連記事