けんぱちサンド-中津川市

2018年5月18日金曜日

中津川市とちこり村が開発した

「けんぱちサンド」の記者発表がちこり村でありました。

向かって左から中津川市健康推進課古田さん、ちこり村パン工房の曽我さん、小池さん

中津川市が推奨する

「けんぱち運動」

中津川市民8万人のヘルスアップ!

健康寿命をのばし「健康都市なかつがわ」を実現しよう!

平均寿命は男性81歳、女性86歳ですが

健康寿命は男性66歳、女性67歳です。

健康寿命とは健康上に問題なく

介護を必要とせず日常生活を送れる期間のことです。

つまり、男性は約15年、女性は約20年も

病院に通院したり、寝たきりになったり、

介護の必要がある生活を送る可能性があるということになります。

健康寿命を平均寿命に近づけようというのが

「けんぱち運動」です。

そのために

健康都市なかつがわ宣言で

安全で美味しい地元の食材を利用して

バランスのよい食事を楽しみます。

と宣言され、

○朝昼晩 野菜を食べよう!(1日350g)

○減塩に心がけよう!(1日男性8g、女性7g未満)

という目標数値が設定されています。

その目標数値にのっとって

中津川市とちこり村で共同開発されたのが

「けんぱちサンド」です。

ゴマ入り食パンに

レタス、キュウリ、ちこり、スプラウト、にんじんピクルス、

とりハム、スライスチーズが入っています。

カロリーハーフのマヨネーズ使用。

食パンには塩分が含まれているため

味付けに

直接塩を振ることはせず

とりハムに塩麹をまぶし

チーズで味のこくを出しています。

【作り方】

エネルギー535kcal、塩分2.8g、1食分の野菜量150g(1日350gの3/1)

記者発表では

ちこり村パン工房の曽我さんによる作り方の実演が行われました。

「けんぱちサンド」はちこり村にて販売されます。

ぜひ「けんぱちサンド」で健康に!

2018-05-18 | Posted in マスコミNo Comments » 

関連記事